_
当主6代目・会社概要
当蔵6代目当主
 慶応三年の創業以来、絶えることなくお酒を造り続けてきました。幕末や第二次大戦をこえて、風土の中に守られてきました。これからも、時代の変化と共に、この土地の味を造りたいと考えています。

 そのために、ここの水、ここで栽培されたお米、この地に住んでいる人々による酒造りが不可欠です。流行に左右されることなく、最高級に完成されたお酒づくりを追求して参ります。

 とりわけ重要なのがお米です。我々の手による自家栽培の酒米は、一般には流通しない、贅沢かつ究極の山田錦を栽培しています。
 今は一部のお酒にしか使われていませんが、全量自家栽培の「農産酒蔵」を目指しています。

 人の体になじみやすく、そして美味しく飲めるお酒。飲んで頂く方の健康を願い、これからも酒造りを続けて参ります。

6代目当主 丸本 仁一郎


会社名:丸本酒造株式会社
代表銘柄:かもみどり、竹林
会社所在地:〒719-0232 岡山県浅口市鴨方町本庄2485
        TEL 0865-44-3155 FAX 0865-44-3156
当 主:6代目 丸本 仁一郎(まるもと にいちろう)
会社概要
 ◆天保2年(1831)
  初代当主・丸本嘉之松生まれる。
 ◆安政4年(1857)
  嘉之松、児島稗田で酒造業の経営に参加。
 ◆慶応3年(1867)
  嘉之松、酒造業を創業。創業時の屋号は「清水屋」。
  水がよいことから付いたと言われる。
 ◆大正3年(1914)
  二代目当主・藤松、台湾に支店「吉備商会」を設立。
 ◆大正7〜8年(1918〜19)
  空前の酒造業ブーム到来。鴨方の醸造場は13軒を数えた。
 ◆大正11年(1922)
  丸本市松が三代目当主に。
 ◆昭和7年(1932)
  西貯蔵庫新築時に井戸を掘ったところ、多量の良質な勇水を得る。
  この水は昭和37年の岡山国体のおり、天皇・皇后両陛下のお茶の水にも供せられたほど。
 ◆昭和7〜11年(1932〜36)
  新型醸造機器・器具の導入、醸造場の建設により、増産をはかる。
 ◆昭和27(1952)10月1日
  有限会社丸本酒造本店となる。
 ◆昭和38年(1963)
  四代目当主・皓三郎、瓶詰工場を新築、一日に一升瓶1万本以上の瓶詰めが可能になる。
    同時に醸造用機械設備を大幅に刷新。近代的設備を備えた貯蔵庫、蔵人の宿舎も新築。
 ◆昭和45年(1970)4月1日
  丸本酒造株式会社に組織変更。東京都港区に東京支店を開設。
 ◆昭和52年(11977)
  旧一級酒をすべて本醸造に統一。
 ◆昭和57年(1982)
  岡山県杜氏自醸清酒品評会において、「賀茂緑」が30年連続して優等賞を受賞。
  杜氏が「大名人賞」の栄誉に輝く。また同年、西貯底庫に冷房設備を設置。
 ◆昭和61年(1986)
  吟醸酒、生酒の貯蔵のため、冷蔵庫を新設。
 ◆昭和62年(1987)
  山田錦の自家栽培を開始。翌年、この米を原料に大吟醸「竹林」を発売。
 ◆昭和63年(1988)
  醸造用糖類の使用を全廃。添加物のない純米酒の生産を拡大。
 ◆平成元年(1989)
  本格的な高品位化に向け、精米機、蒸機、瓶詰ラインを一新。
 ◆平成3年(1991)
  蔵元直送商品「今朝しぼり」の販売を開始。
 ◆平成4年(1992)
  生酒など低温度管理商品の配送のため保冷車を導入。
 ◆平成7年(1995)
  電子水を全商品の仕込みに使用開始。
 ◆平成13年(2001)
  リキュール免許取得、及び、雑酒試験免許取得
 ◆平成14年(2002)
  東京支店を閉鎖
 ◆平成15年(2003)9月19日
  岡山県の酒蔵としては初めて、文化庁第33-0066-0076号
   「登録有形文化財」に指定される。
 ◆平成15年(2003)11月28日
  鴨方町が、「酒米栽培振興特区」の認定を受ける。



(C)1995-2005 MARUMOTO SHUZOU ALl RIGHT RESERVED