_
酒造りの設計思想


蔵風景
 誰にでも愛されるお酒が優れたお酒とは考えていません。たった一人でも、最高の満足と充実感を感じて頂けるならば、それが作り手にとって最高の喜びです。

 私たちが最も重要だと考えるのは、お米の味の自然な甘さや、酸味とのバランスです。決して 淡麗さや、香りの高いお酒を追求はしていません。

 なぜなら、日本酒は原料がお米です。ましてや自らお米を栽培をしている私たちには、“お米の美味しさ”をお伝えしたい という念が強くなるからです。当蔵のそれぞれの品物に、この事が醸されています。

流派:備中杜氏
 私たちの蔵が位置する岡山県南部は「備中杜氏」の里であり、この流派は旨口(うまくち)のお酒を造ることに長けた流派です。まさにお米の味を生かす技が、この地域に根付いているのです。

(C)1995-2005 MARUMOTO SHUZOU ALl RIGHT RESERVED